1万件以上リクエストが来たので予想より5時間早いですが一時停止します。
睡眠研究における世界的権威が、最高の睡眠を手に入れて、日中のパフォーマンスを究極的に高める方法を書いた本です。 スタンフォード大学は「有名研究者は必ず一度在籍する睡眠研究のメッカ」として知られています。そんな研究所のトップを務める著者が、最高の睡眠を手に入れる方法を初めて明かすのが本書です。 研究で明らかになったのは、「良く眠るだけでは無理」だということ。たとえば、40分の睡眠負債を返済しようと思ったなら、「3週間連続で14時間ベッドに入る」という方法をとらねばなりません。 これはあまりにも非現実的ーーそこで、著者が着目したのが「質を究極的に高める」というアプローチ。 具体的には、体温と脳を操作することで、睡眠の質がぐっと深まり、日中のパフォーマンスも最強になるのです。 「深部体温を下げる」とはよくいわれることですが、じつはこれだけでは眠りの質は上がりません。もうひとつ、ある「体温」を上げてやることで、初めて最高の眠りが手に入るのです。そんな「睡眠の本当の真実」を凝縮してお伝えする、世界最新データ満載の睡眠における決定本です。

おすすめ作品

    TOP