副題の「Before the fall」とは、『進撃の巨人』本編第1巻で語られる「ウォール・マリア陥落の前」を意味する。物語は、エレン達が活躍する『進撃の巨人』本編の時代から約70年前から始まる。壁の中に進入を許してしまった巨人の吐瀉物の中から、一人の赤ん坊が発見された。やがて成長し、キュクロ(巨人の子)と名付けられた少年は数奇な運命を辿る。そして、彼は未だ巨人と戦うすべを持たなかった人類に希望をもたらす存在となっていく──。 新型「装置」の実地試験のためにシガンシナ区に向かったキュクロをゼノフォンの工房で待っていたシャルルだったが、帰還予定の日になっても彼は帰ってこない。その頃、工場都市では密かに反体制組織による反乱計画が進行していた。そして、そのメンバーの中に、任務で組織に潜入した憲兵団のシャビィの姿があった‥‥! 立体機動装置誕生の前日談を描く『進撃の巨人』衝撃のスピンオフコミック、最新刊!!

おすすめ作品

    TOP